トイレの構造とつまり

トイレは便器とタンクで構成される設備です。便器は和風と洋風によって形式は違いますが水たまと排水路で構成されている点は変わりません。タンクは便器に水を流す役割を果たしており、中の機能が水を補充、調整しています。レバーを押すことでタンクの溜めていた水を便器の方に流し、水がなくなると給水されるという仕組みです。

トイレから水溢れるちなみに今では当たり前のように付いているウォシュレットですが、こちらはタンクに入る前の水を利用しています。そのためトイレのつまりにウォシュレットは関係ありません。

トイレのつまりが起きる原因として多いのが異物がトイレに入ってしまうということがあります。これは異物が排水路で流すことができずそのまま閉じてしまうのが原因です。隙間があれば水は流れるのでよいですが、異物が完全に排水路を塞いでしまうと水が流れなくなってしまうのです。

異物が原因でない場合はタンクの方に原因のある可能性が高いです。タンクに問題があると水が正常に流れなくなってしまい、本来流れるべきものが流れなくなってしまいます。これは節水して大を小で流し続けている他、タンク内にペットボトルを入れていると起こるものです。逆に節水もペットボトルもない場合はタンク自体が故障して正常に機能していない可能性が高くなります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket