つまりの予兆

トイレのつまりが起きる前兆は幾つか存在し原因によってその起きる前兆は違うのです。トイレで水を流すと水が流すものを流し、その後に水たまりを形成します。しかしこの水たまりが定まった位置で終わらず便器に溢れてしまう、溢れるギリギリのところまで水位が上がってしまう場合があるのです。この前兆が起きた場合は排水路が塞がって水が流れなくなっている、異物で塞がれている可能性が高いといえます。ある程度の水位まで上がった場合はトイレのつまりが起きると考えた方がいいでしょう。水位が上がらなくても水の流れが悪い場合も異物が塞いでいると考えた方がいいです。

トイレから異臭他の前兆として流した時に異音がするというものがあります。異音というのは流した時に普段聞きなれない音が出ることであり、1、2回であればまだ偶然で片付けることは可能です。しかし何回も長い期間発生する場合はトイレのつまりが起きる環境になっている可能性が高いです。

この場合も異物で塞がれている可能性は高いといえますが、こちらは排水路ではなく排水管に詰まっている可能性があり水位が高くなる、水の流れが悪くなるよりも事態は深刻になっています。異音を聞いてそれが収まらなかったらすぐに対処しましょう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket